CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
        

楽天

CATEGORIES

archives

2010.08.18 Wednesday

空芯菜っておいしいよ

0

     日本最大の料理サイト「COOKPAD」にちんまり手抜きレシピを載せてもらっているのだが、ここのところ、「空芯菜の炒め物」へのアクセスがはんぱない。なんでだ(・_・?)。レシピの中でも一番簡単な物なのに(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。

     中華料理のお店では青菜炒めとしてよく見かけるが、確かに家庭であまり買うことはないのかもしれない。生協のカタログにもぼちぼち載っている。調べてみたら、収穫できる時期が6〜9月ごろまでらしい。確かに最近はスーパーでもよくみかける。買ったはいいがどうやって食べようか?という人が多いのかもしれない。

     ちょっとスープを加えて炒めるだけの超簡単料理。作ってから時間がたつと、黒くなってくるので、炒めたてをさくっと食べるのが良いみたい。固そうでそう固くもないあの歯ごたえがたまらない。空芯菜を見かけたら、是非作ってみてくださいd( ̄ ̄ー ̄ ̄)ねっ



     簡単レシピはクックパッドでどうぞ・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ


    コメント
    鉄分の宝庫だそうで、私も大好きな野菜です。
    ベーコンか豚肉、卵と炒めるのも好きです。
    • stera
    • 2010/08/18 10:41 PM
    空心菜、おいしいよねー。
    基本的に野菜嫌い、青菜はそのなかでもとくに嫌いなほうなんだけど、空心菜は好き。なので、中華(台湾)料理店に行ったら「今日の青菜は?」と確認して「空心菜」の答えが返ってきたら頼むことにしてます(笑)。
    最近スーパーでも見かけるようになった空心菜だけど、自宅でやるとぐんにゃりしてしまってイマイチだったので、今度レシピを参考にさせてもらいますね!
    • ふむ
    • 2010/08/19 12:10 AM
    だ〜い好き(笑)

    レシピへのアクセスがはんぱ無い!!って
    すごいね!!!

    私もレシピ拝見します。
    • むさっち
    • 2010/08/19 12:23 AM
    レシピ見たよ(^O^)
    色々手広くやってるねぇ?!
    • JIJI
    • 2010/08/19 12:42 AM
    >steraさん
     とても青々としているので、苦い野菜かと最初は思い
     ました。中華料理屋さんで食べてから、食感がたまりま
     せん。鉄分が取れるんですね。そして、他の具材とも
     よく合いますよね。私はシンプルに空芯菜だけのが好き
     です(*´∇`*)

    >ふむさん
     おいしいおいしい。青梗菜とかも好きですが、空芯菜の
     食感は他に類をみませんよね。冷蔵庫に入れておくと
     葉っぱが黒くなりぐんにゃりします、確かに。やっぱり
     スープを加えて炒めるって言うのが大事みたいですね。

    >むさっちさん
     なんか、今日もアクセスが結構あるみたいです。みんな
     使い方を知りたいらしい?w

    >JIJIさん
     手広くって言うか、レシピどっかで載せようとした時に
     あれがあったので、あそこに登録したと言う感じ。以前は
     レシピのコンテンツもHPで作っていたよ。
    • puyo@管理人
    • 2010/08/19 5:19 PM
    今日農産物直売所に行ったらくうしん菜売っていたので、このブログのタイトル思い出して(本文は読んでなかった)買ってみた。帰りにベーコン買って一緒に炒めようとしたら、モロヘイヤだった。orz
    隣がモロヘイヤの棚で、紛れていた模様。でも、気を取り直してベーコンと炒めて食べた。それなりに美味しかった。
    • さむ
    • 2010/08/22 8:23 PM
    >さむさん
     も、モロヘイヤでしたか(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。
     ちょっとねばるんですよね。まああれはあれでいいんです
     が、同じようでも明日葉はとっても苦手です。空芯菜は
     茎がしっかりしていて全体的に長いので見分けられます。
     次回は是非挑戦してみてくださいd( ̄ ̄ー ̄ ̄)ねっ
    • puyo@管理人
    • 2010/08/25 11:43 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック